JELC-NRK道内合同教職者会が行われました。

北海道にしてはちょっと暑かった8/5-6、支笏湖丸駒温泉で、日本福音ルーテル教会北海道特別教区と、日本ルーテル教団北海道地区による道内合同教職者会が行われました。発題は、JELC側が「今ここでの宣教~生活の座から」と題して小泉牧師が担当し、NRK側からは白井真樹牧師が「いつも新たな心で礼拝を」というテーマで、ルーテル教会の新しい式文についてお話し下さいました。

合同教職者会といっても、道内の教職はJELC4名、NRK4名の計8名。それぞれの教会の現状と課題についてもわかちあい、教職の人数が減少して難しくなっている両教会の宣教協力について、困難な状況にあるからこそ深められる事柄もあるのではないか、など前向きな話しあいがなされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です