5/31 信頼する勇気を押すもの

5月31日(日) 礼拝案内 10:30~11:10 19:00~19:30

説教:小泉基牧師

キリスト教の三大祝日のひとつである聖霊降臨祭。西洋では薔薇がモチーフに使われますが、函館教会のバラは間に合わないので残念です。ところで、やまあらしのジレンマをご存知でしょう。誰でも傷つくのはいやなものです。でも傷つくのを恐れては人に近づけません。その勇気は、自分の内側からだけ出てくるものでしょうか。誰かが背中を押してくれることが必要なのです。どうぞ礼拝にお越し下さい。

聖霊降臨祭にあたり聖餐式を行います。

週報【牧師室より】聖霊降臨祭に聖餐式を行いたいと代議員さんと相談しました。その結果、今回はリスク軽減のためパンのみの一種配餐を行うことにしました。長年一種配餐を行ってきたカトリック教会の慣習に異を唱え、聖餐をパンとぶどう酒の二種に戻したのはルターです。とはいえ、両者には「属性の交流」がある、という表現でルターも一種配餐を完全に否定しているわけではないのです。カトリック教会が一種配餐を導入したのは、司牧(牧会)的理由からだとされており、二種配餐こそが聖餐式の完全な形であることに両教会は合意しています。今回わたしたちも感染症対策という牧会的理由から過渡的に一種配餐を行うことにしました(『争いから交わりへ』2015年 104p以下)。会堂での礼拝に参加なさらなかった方で、聖餐を希望される方に配餐いたします。午後でも、平日でもかまいません。どうぞ教会にご連絡下さい。配餐用のパンは牧師が細心の注意を払って準備いたします。ご不安な方はどうぞお席でお待ちください。

5/31 「この日の礼拝」聖霊降臨祭

■賛美唱 詩編104:24-34&35b
主よ、み業はいかにおびただしいことか。
あなたはすべてを知恵によって成し遂げられた。
 ⇒地はお造りになったもので満ちている。
同じように、海も大きく豊かで、
その中を動きまわる大小の生き物は数知れない。
 ⇒船がそこを行き交い、お造りになったレビヤタンもそこに戯れる。
彼らはすべて、あなたに望みをおき、
時に応じて食べ物をくださるのを待っている。
 ⇒あなたがお与えになるものを彼らは集め、
 ⇒み手を開かれると彼らは良い物で満ち足りる。
み顔を隠されれば彼らは恐れ、
息吹きを取り上げられると彼らは息絶え、元の塵に帰る。
 ⇒あなたはご自分の息を送って彼らを創造し、地の表を新たにされる。
どうか、主の栄光がとこしえに続くように。
 ⇒主がご自分の業を喜び祝われるように。
主が地を見渡されると地は震え、山は触れられると煙を上げる。
 ⇒命ある限り、わたしは主に向かって歌い、長らえる限り、
 ⇒わたしの神にほめ歌をうたおう。
どうか、わたしの歌がみ心にかなうように。
⇒わたしは主に向かって喜び祝おう。
わたしの魂よ、主をたたえよ。
 ⇒主をたたえよ、ハレルヤ。

■主日の祈り
神様。あなたはこの日、あなたを信じる者に聖霊を送って心を開いてくださいます。聖霊の光で導き、私たちが全てにおいて正しく判断し、あなたの平和の内にいつも喜ぶことができるようにしてださい。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

■第1朗読 使徒言行録 2: 1~21(新214)

■福 音 書 ヨハネ 20:19~23(新210)

■讃美歌 119番1.3(神の霊よ)
1.神の霊よ 今くだり わが心 動かして
  よわき身を つよくなし 愛に歩ませたまえ。 
3.主よ、共に とどまりて 疑いと 争いの
  わが心 うちくだき 力を与えたまえ。 アーメン

■説教「信頼する勇気を推すもの」

■今週の感謝と祈り
✛ わたしたちが自分自身の弱さに気づき、その弱さ和を受け入れて下さる復活の主に感謝して日々を過ごすことが出来るように。
✛ 礼拝動画の配信という新しいチャレンジに取り組んでいる教会の働きが祝福され、より多くの人たちにみ言葉を伝える器として用いて下さるように。
✛ 仕事を失う恐れ、身近に感染がひろがる恐れ、家計が破綻する恐れ、いろいろな恐れに囚われがちなわたしたちが、地道に自分に出来ることに取り組み、神さまに委ねて落ちついて生活していくことが出来るように。
✛ 病や苦しみ、孤独の中にある方々を覚え、わたしたちがともに支えあってあゆむことができるように。

■讃美歌 240番(み言葉によりて) 
 1.み言葉によりて 主よわれを支え
    仇をなす者を 打ちくだきたまえ。 
 2.主の主にまします 力なるイェスよ
   主をほむる民を とわに守りませ。 
 3.み霊なる神よ 民を一つにし
   死より命へと 導きたまえや。アーメン

■ご家庭での礼拝のための「在宅主日礼拝式文」のPDFファイルは、以下からダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です