念願の看板、立つ!

10年以上前に雪で根腐れをおこして倒れてしまった教会看板。昨年来、絶好の立地をいかすためにも再建を、という声が上がり、取り組みがすすめられてきました。

まず取り組まれたのが、19年度秋のミニバザー。ゴスペルサークルMSCのみなさんの協力を得ながら、看板設置の原資をつくりました。

2020年1月の教会総会では、どのような看板をどこに設置するのがいいかという問題について、教会員で意見を出し合いました。いろいろな教会の看板の写真を見ながら、ライトアップが必要だとか、しっかりした看板の方がよいといった声を受けて、役員会で協議を続けました。

幸い、教区が各教会の宣教計画を支援してくださる話があり、北海道特別教区の支援も得ながら、それでも不足する分を特別献金を出し合って埋め合わせました。

こうして、ようやく設置費用のメドがつき、今朝12月1日の午前、看板屋さんによって完成した看板の建て込みが行われたのでした。作業自体は2時間ほど。

ルターローズによってルター派教会であることをアピールしつつ、観光客にも理解してもらえるよう、英文も添えられた見事な看板が立ち上がりました。

最後の最後に予算を少し増やしてLEDライトも付設してもらいましたので、夜間でも人目につく看板になりました。これで「五稜郭タワーの隣にあるルーテル教会!!」を、しっかりアピールすることができると思います。もちろん、中身の方もますます良い教会にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です