クリスマス主日礼拝が行われました。

12月20日(日)、今年度の降誕主日礼拝が行われました。新型感染症の影響もあって、できるだけの準備をして臨みました。消毒の徹底、体温の測定、換気の徹底、礼拝堂の人数制限と第2会場の設営などです。第2会場となった集会室には、ビデオカメラで撮影した映像と音声をスクリーンに投影できるよう段取りをしました。

当日は、ゴスペールサークルMSCからの受洗者もあり、多くのメンバーさんたちが祝福に駆けつけてくださいましたので、第2会場を準備しておいて正解でした。

残念ながら会食を伴う祝会は見合わせざるを得ませんでしたが、礼拝後には換気を行った上で写真の撮影、受洗者のお祝いだけでなく、クリスマスシアター「くりすますのおくりもの」上演、五稜郭タワー杯カールレイモンソーセージ争奪ジャンケン大会といったにぎやかな催しによって、クリスマスを楽しくお祝いしました。

会食が出来なかったかわりに、参加者には教会からオリジナルの小さなクリスマスギフトが配られました。例年とは異なる形でしたけれども、それでもみんなでクリスマスをお祝いできましたこと、本当に感謝の思いでした。

24日には19時からクリスマスイブ・キャンドルサービスが行われます。Luther Fiveによる特別賛美も行われます。どなたでも参加いただけますので、どうぞ、お出かけ下さい。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です