1/3 なにもできない

1月3日(日) 礼拝案内 10:30-11:10 19:00-19:30

彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。マタイ2:11

2020年は、「やらない」ことが大切だとされた1年でした。「旅行に行かない」「会食をしない」「会いに行かない」。そして、礼拝すらやらないほうがいいと判断せざるをえなくなって、この教会でも公開の礼拝を中止した時期がありました。いろいろな計画はすべて先延ばしになり、無力感にとらわれてしまう日々が続きました。けれども、何も出来ないけれども「いる」ということ。何も出来ないけれども「ある」ということが、力になることがあるのです。どうぞ礼拝にお越し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です