6/20 眠っていてもともにいる

6月20日(日)礼拝案内 13:30-11:10 19:00-19:30 会堂での礼拝とライブ配信

弟子たちはイエスを起こして、「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」と言った。マルコ4:38

なぜ神さまは、コロナなど一気に吹き飛ばしてくださらないのか。祈っても、わたしの悩みが消え去らないのはなぜなのか。助けて欲しいときに限って、そばにいてくださらないではないか。神さまにむかって、そんなふうにつぶやきたくなることがあります。2000年前の弟子たちもそうでした。わたしたちは、神さまに何を願うのでしょうか。どうぞ礼拝においで下さい。

6/20「この日の礼拝」  聖霊降臨後第4主日(No.24)
■賛美唱 詩編107:1-3,23-32 ⇒の行をご唱和下さい
「恵み深い主に感謝せよ、慈しみはとこしえに」。
  ⇒主に贖われた人々は唱えよ。
主は苦しめる者の手から彼らを贖い、国々の中から集めてくださった。
  ⇒東から西から、北から南から、
彼らは、海に船を出し、大海を渡って商う者となった。
  ⇒彼らは深い淵で主のみ業を、驚くべきみ業を見た。
主は仰せによって嵐を起こし、波を高くされたので、
彼らは天に上り、深淵に下り、苦難に魂は溶け
  ⇒酔った人のようによろめき、揺らぎ、
⇒どのような知恵も呑み込まれてしまった。
苦難の中から主に助けを求めて叫ぶと、
  ⇒主は彼らを苦しみから導き出された。
主は嵐に働きかけて沈黙させられたので、波はおさまった。
  ⇒彼らは波が静まったので喜び祝い、望みの港に導かれて行った。
主に感謝せよ。主は慈しみ深く、
  ⇒人の子らに驚くべきみ業を成し遂げられる。
民の集会で主をあがめよ。
  ⇒長老の集いで主を讃美せよ。

■悔い改め[式文] ■キリエ[式文]■グロリア[式文]

■主日の祈り
すべてのものの創り主・永遠に輝く神様。あなたは海と陸を治め、光と風を司られます。強い御手で導き守り、あなたの知恵で諭してください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

■第2朗読 二コリント6: 1~13 (新331)

■福 音 書 マルコ4:35~41 (新68)

■讃美歌 357番1.2節(主なる神を)
1.主なる神を たたえまつれ、   真心ささげ ひれふし
  聖なる主の み名をあがめて   み栄えを歌わん、ときわに。
2.永遠(とわ)にいます 神をほめよ、あらしをしずめ 導き
  なやみ迫る なかに在りても   み力を給う わが神。 

■説教「眠っていてもともにいる」 小 泉  基

■信仰告白 ■献金 ■聖餐式

■教会の祈り
✛ 世界を形づくり、そのすべてを支配してくださる神さま、この世界に生きるわたしたちをあなたの御手で守り、導いて下さい。
✛ 教会の庭木を手入れしてくださる方、礼拝のお花を活けてくださる方々の奉仕が祝福されるように。
✛世界難民の日にあたり、海外から来て日本に助けを求める方々の安全と生活が守られるように。また沖縄慰霊の日を迎えるにあたり、ふたたびわたしたちの国を戦火にさらすことのないよう、平和をつくり出す者としてあゆめるように。
✛ 病や苦しみ、孤独の中にある方々を覚え、わたしたちがともに支えあってあゆむことができるように。

■主の祈り[式文]

■讃美歌 409番1-3節(この世の海に)
1.この世の海に 船出しゆけば  風は吹き荒れ 波はさかまく、
  主よ先だちて 導きたまえ。 
2.おさなごさとす 母のごとくに み声たまわば 波もしずまる、
  主よ先だちて 導きたまえ。 
3.かなたの岸辺 近づきくれば  愛の主イェスの み声きこゆる
  「おそるるなかれ われは導く」。アーメン

■祝福

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です