6/27 もう遅いとあきらめるか?

6月27日(日)礼拝案内 会堂にて 10:30-11:10 19:00-19:30

そして、子供の手を取って、「タリタ、クム」と言われた。これは、「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。マルコ5:41

わたしたちは失敗をする存在です。そして時として、取り返しのつかない失敗をすることがある。それで人の信用を失ったり、二度とはない大切な時機を逸してしまうことがあるのです。帰ってこない時間を思うとやりきれない思いに陥ります。確かにわたしたちの時間は一方通行で帰ってくることはない。けれども、それを神さまとの関係の中に置き直すとき、そこにはまた違う流れがある。どうぞ礼拝においで下さい。

6/27「この日の礼拝」  聖霊降臨後第5主日

■賛美唱 詩編30      ⇒の行をご唱和下さい
主よ、あなたをあがめます。あなたは敵を喜ばせることなく、
わたしを引き上げてくださいました。
  ⇒わたしの神、主よ。
  ⇒叫び求めるわたしをあなたは癒してくださいました。
主よ、あなたはわたしの魂を陰府から引き上げ、
墓穴に下ることを免れさせ、
  ⇒わたしに命を得させてくださった。
主の慈しみに生きる人々よ、主に讃美の歌をうたい、
聖なるみ名を唱え、感謝をささげよ。
  ⇒主はひとときお怒りになっても、
  ⇒命を得させることをみ旨としてくださる。
泣きながら夜を過ごす人にも、
  ⇒喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださる。
平穏なときには、申しました
  ⇒「わたしはとこしえに揺らぐことがない」と。
主よ、あなたが御旨によって砦の山に立たせてくださったからです。
  ⇒しかし、御顔を隠されると、わたしはたちまち恐怖に陥りました。
主よ、わたしはあなたを呼びます。
  ⇒主に憐れみを乞います。
わたしが死んで墓に下ることに何の益があるでしょう。
  ⇒塵があなたに感謝をささげ、
  ⇒あなたのまことを告げ知らせるでしょうか。
主よ、耳を傾け、憐れんでください。
  ⇒主よ、わたしの助けとなってください。
あなたはわたしの嘆きを踊りに変え
  ⇒粗布を脱がせ、喜びを帯としてくださいました。
わたしの魂があなたをほめ歌い
  ⇒沈黙することのないようにしてくださいました。
わたしの神、主よ
  ⇒とこしえにあなたに感謝をささげます。

■悔い改め[式文] ■キリエ[式文]■グロリア[式文]

■主日の祈り
憐れみ深い全能の神様。あなたの民の祈りを聞いてください。あらゆる危害から私たちを堅く守り、信仰と希望のうちに私たちを成長させてください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

■第1朗読 哀歌3:22~33 (旧1289)

■福 音 書 マルコ5:21~43 (新70)

■讃美歌 306番1.3.4節(いさおなきわれを)
1.いさおなきわれを 血をもてあがない、
  イェスまねきたもう、 みもとにわれゆく。 
3.うたがいの波も おそれのあらしも
  イェスしずめたもう、 みもとにわれゆく。 
4.心のいたでに 悩めるこの身を
  イェスいやしたもう、 みもとにわれゆく。 アーメン

■説教「もう遅いとあきらめるか?」 小 泉  基

■信仰告白 ■献金

■教会の祈り
✛ わたしたちをいつも守り、正しい方向に導いてくださる神さまが、わたしたちの信仰を希望の内に成長させてくださるように。
✛ ルーテル教会の新しい賛美歌集の編集にあたっておられる讃美歌委員会の方々の奉仕が祝福されるように。
✛すべての精神障がいを負う方々の痛みが理解され、病を負う方々が安心して暮らせるための環境が整えられていくように。
✛ 病や苦しみ、孤独の中にある方々を覚え、わたしたちがともに支えあってあゆむことができるように。

■主の祈り[式文]

■讃美歌 324番1.2節(ただ神をのぞみて)
1.ただ神をのぞみて みあとにつづかば
  ちからなるみ神は 支えとなりたもぅ。
  神はわがもとい うごかぬ岩なり。 
2.かなしみの中より 救うはたれぞや
  くらやみに聞こゆる 嘆きを聞かずや。
  くるしみとなやみ われらを囲めり。 

3.限りなきめぐみに やすけくいだかれ
  み心をかしこみ  喜びいこえよ。
  神はわがねがい ことごと知りたもう。

 

■祝福

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です