9/20.賃金分の仕事くらいしてくれよ<礼拝動画あり>

9月20日(日) の礼拝のご案内 朝礼拝10:30-11:10 夕礼拝19:00-19:30 説教:小泉基牧師

後にいる者が先になり、先にいる者が後になる。マタイ20:18

日雇いで土工の仕事にいったことがあります。若い頃のことでしたけれども、自分のあまりの仕事の出来なさに、ほとほと情けない思いをしました。まわりのおっちゃんたちに、ずいぶん助けてもらいました。ところで聖書には、この世の価値観とは違ったお話しが、ずいぶん出てきます。だからこそ、そこに救いがあります。どうぞ礼拝にお越し下さい。

9/20 「この日の礼拝」聖霊降臨後第16主日

■賛美唱 詩編 145:1-8  ⇒の行をご唱和下さい
わたしの王、神よ、あなたをあがめ、
  ⇒世々限りなくみ名をたたえます。
絶えることなくあなたをたたえ、
  ⇒世々限りなくみ名を讃美します。
大いなる主、限りなく讃美される主、
  ⇒あなたの大きなみ業を究めることもできません。
人々が代々にみ業をほめたたえ、
  ⇒力強いみ業を告げ知らせますように。
あなたの輝き、栄光と威光、
  ⇒驚くべきみ業の数々をわたしは歌います。
人々が恐るべきみ力について語りますように。
  ⇒大きなみ業をわたしは数え上げます。
人々が深いみ恵みを語り継いで記念とし、
  ⇒救いのみ業を喜び歌いますように。
主は恵みに富み、憐れみ深く、
  ⇒忍耐強く、慈しみに満ちている

■悔い改め[式文] ■キリエ[式文] ■グロリア[式文]

■主日の祈り
全能・永遠の神様。あなたはしもべである私たちに、限りない慈しみをあらわしてくださいます。自分の力に依り頼むことの出来ない私たちを憐れみ深く裁き、御子が示した心の広さを持つことができるように育ててください。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。♪アーメン

■第1朗読 ヨナ 3:10~4:11(旧1447) 

■福音書マタイ 20:1~16(新38)

■讃美歌 170番1.2節(主をあがめたたえよ)
1.主をあがめたたえよ もろもろの国よ
  神をほめたたえよ もろもろの民よ
  み神はわれらを あわれみ選びて
  神の子としたもぅ。 
2.み恵みは世に満ち 主の民をかこみ
  あわれみとまことは 主の民をつつむ。
  もろびと声あげ 喜びたたえて
  ハレルヤとうたえ。

■説教「賃金分の仕事くらいしてくれよ」

■信仰告白[式文] ■献金[式文] ■聖餐式

■教会の祈り
✛ いのちの与え手である神さま、自分の小ささにくり返し立ち止まってしまうわたし達を自己嫌悪という誘惑から救い出して下さい。
✛ 教会にかかわる子どもたちが、あなたの愛を豊かに感じて成長出来るように。教会に子どもたちがあふれる日が再びやってくるように。
✛ 9/26の核兵器の全面廃絶のための国際デーを覚え、わたしたちがすべての核兵器を手放すことが出来るように。
✛ 病や苦しみ、孤独の中にある方々を覚え、わたしたちがともに支えあってあゆむことができるように。

■主の祈り[式文]

■讃美歌 303番1-3節(このまま) 
1.このまま、 われを愛し召したもぅ。
  罪と汚れかこむとも 深き悩みおそうとも
  主のもとに迎えたもぅ、 このまま。 
2.このまま、 罪と汚れとりたもぅ。
  十字架の主の血によりて 父のもとに迎えられ
  神の子ととなえらる、 このまま。 
3.このまま、 神の愛につつまる。
  神のまもり尽きざれば み国に入るその日まで
  主によりてやすきあり、 このまま。

■祝福

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です