11/14 わたしを惑わすあれこれ<配信動画あり>

11月14日(日)礼拝案内 10:30~11:10 19:00~19:30

これらの大きな建物を見ているのか。マルコ13:2

大きなものに眼が行きます。大きな声に耳が行きます。強い力に圧力を感じます。しかしそれらのどれもが、どこかの人の力です。小さな声に耳を澄ませたい。小さなものに目を凝らしたい。小さな力をいつくしみたい。そこにキリストがおられると信じるからです。どうぞ礼拝にお越しください。

11/14「この日の礼拝」 聖霊降臨後第25主日(No.46)

■賛美唱 詩編16    ⇒の行をご唱和下さい
神よ、守ってください。
  ⇒あなたを避けどころとするわたしを。
主に申します。「あなたはわたしの主。
  ⇒あなたのほかにわたしの幸いはありません。」
この地の聖なる人々、わたしが頼む身分の高い人々に申します。
  ⇒「ほかの神の後を追う者には苦しみが加わる。
わたしは血を注ぐ彼らの祭りを行わず
  ⇒彼らの神の名を口にしません。」
主はわたしの嗣業、わたしの杯。わたしを支える方。
  ⇒測り縄は麗しい地を示し、わたしは輝かしい嗣業を受けました。
わたしは主をたたえます。主はわたしの思いを励(ハゲ)まし、
  ⇒わたしの心を夜ごと諭してくださいます。
わたしは絶えず主のみ前にいます。
  ⇒主は右にいまし、わたしは揺らぐことがありません。
わたしの心は喜び、魂は躍ります。
  ⇒からだは安心して憩います。
あなたはわたしの魂を陰府に渡すことなく、
あなたの慈しみに生きる者に墓穴(ハカアナ)を見させず、
  ⇒命の道を教えてくださいます。
わたしはみ顔を仰いで満ち足り、喜び祝い、
  ⇒右のみ手から永遠の喜びをいただきます。

■悔い改め[式文] ■キリエ[式文] ■グロリア[式文]

■主日の祈り
全能の神様。あなたの御旨は、救いを為しとげることです。この世の騒ぎの只中にも、御国が来て、御心が成ることを信じて、信仰のうちに堅く立つことができますように。救い主、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

■第2朗読 ヘブライ10:11-14,19-25 (新413)
■福 音 書 マルコ13:1-8 (新88)

■讃美歌 134番1.3節(ほめたたえよ)
1.ほめたたえよ 神の民、 日のひかり かがやきぬ。
  救いぬしは やがて来たらん、ながつとめ 励めよ。 
3.いざやいそぎ のべつたえん、よろこびを 世の人に。
  神よはやく 起こしたまえ、 みことばの しもべを。 

■説教「わたしを惑わすあれこれ」 小 泉  基

■信仰告白 ■献金

■教会の祈り
✛わたしたちの間に、尊敬しあい、いつくしみあう関係を築くことを通して、わたしたちの社会のただ中に、あなのみ国がきますように。
✛ティーンズの若い魂が、あなたとの出会いを経験することが出来るように。TNG委員会や各教区の教育部の働きを覚えて。
✛被差別部落やアイヌの人たちに対する差別が解消され、偏見のない社会が実現していくように。
✛苦しみや孤独の中にある方々を覚え、わたしたちがともに支えあってあゆむことができるように。

■主の祈り[式文]

■讃美歌 139番1.3節(よろこび迎えよ)
1.よろこび迎えよ 神の子イェスを、
  われらをみ国の 民とならしめ
  みむねに従い 進みゆく身に 恵みをたまえ。 
3.わが主のみもとに 召さるるその日、
  かがやくみすがた さやかに仰ぎ、
 あめなる喜び 心に満ちて やすきは尽きず。 

■祝福

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です