2/20 ささやかな誇り

2月20日(日)礼拝案内 10:30-11:40 19:00-19:30 ※感染症対策を講じつつ、礼拝を再開しています。集まることにご不安のある方、体調のよくない方は、どうぞご自宅からライブ配信にてご参加下さい。

与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。ルカ6:38

誰にでもそうしろというのではない。あなただから云うのだ。あなたは出来るはずだから。でもだからといって、大きな顔をするのではない。そっと、自分がその役割を担う。これみよがしにではない。大声で言い立てるのでもない。そっとそれを担って、そしてそれを自身のささやかな誇りとする。でも、がんばりすぎてはいけない。言葉にトゲが含まれるようになるから。そーっと礼拝を再開します。クリスチャンでなくても礼拝にご参加いただけます。どうぞお入りください。

2/20「この日の礼拝」 顕現後第7主日礼拝

■賛美唱 詩編37:1-11,39-40   ⇒の行をご唱和下さい
悪事を謀る者のことでいら立つな。
  ⇒不正を行う者をうらやむな。
彼らは草のように瞬く間に枯れる。
  ⇒青草のようにすぐにしおれる。
主に信頼し、善を行え。
  ⇒この地に住み着き、信仰を糧とせよ。
主に自らをゆだねよ
  ⇒主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
あなたの道を主にまかせよ。信頼せよ、
  ⇒主は計らい、あなたの正しさを光のように、
  ⇒あなたのための裁きを真昼の光のように輝かせてくださる。
沈黙して主に向かい、主を待ち焦がれよ。
  ⇒繁栄の道を行く者や悪だくみをする者のことでいら立つな。
怒りを解き、憤りを捨てよ。
  ⇒自分も悪事を謀ろうと、いら立ってはならない。
悪事を謀る者は断たれ、主に望みをおく人は、地を継ぐ。
  ⇒しばらくすれば、主に逆らう者は消え去る。
彼のいた所を調べてみよ、
  ⇒彼は消え去っている。
貧しい人は地を継ぎ
  ⇒豊かな平和に自らをゆだねるであろう。
主に従う人の救いは主のもとから来る
  ⇒災いがふりかかるとき、砦となってくださる方のもとから。
主は彼を助け、逃れさせてくださる。
主に逆らう者から逃れさせてくださる。
  ⇒主を避けどころとする人を、主は救ってくださる。

■悔い改め[式文] ■キリエ[式文] ■グロリア[式文]

■主日の祈り
 主イエスよ。私たちをあなたの平和の道具としてください。憎しみのあるところに愛を、傷ついたところに赦しを、絶望のあるところに希望を蒔くものとなりますように。聖なる主(よ)、御名によって私たちが慰め、理解し、愛することができますように。あなたは父と聖霊とともにただ独りの神、永遠の主です。アーメン

■第1朗読 創世記45: 3~11,15 (旧81)
■福音書 ルカ6:27~38 (新113)

■讃美歌 189番(主なる神を)
1.主のみことばに 心をやしない 感謝あふれて み前にぬかずき
  さんびのみ歌に いざ声あわせよ。 
2.父なる神と み子主とみ霊の 恵みにみつる ひとりのみ神に
  ほまれと栄光 ときわに尽きざれ。

■説教「ささやかな誇り」 小 泉  基

■信仰告白 ■献金

■教会の祈り

✛わたしたちをあなたが世に遣わし、あなたのみ心に適う働きを担わせて下さい。
✛延期されてしまった総会を、来週無事に開催できるように。この教会の宣教の働きが、神の国の実現を導くものとなるように。
✛どの国においても、武力を用いて他者を従わせようという力あるものの計画が頓挫し、人々の安全な暮らしが守られるように。
✛苦しみや孤独の中にある方々を覚え、わたしたちがともに支えあってあゆむことができるように。

■主の祈り[式文]

■讃美歌 307番1.3番(まぶねの中に)
1.まぶねの中に うぶ声あげ、  大工の家に 人となりて
  貧しきうれい、 生くるなやみ、つぶさになめし この人を見よ。
3.すべてのものを 与えしすえ、死のほかなにも 報いられで、
  十字架の上に あげられつつ、敵をゆるしし この人を見よ。
■祝福

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。