5/8 はっきりしない

5月8日(日) 礼拝案内 10:30-11:20 19:00-19:30

もしメシアなら、はっきりそう言いなさい。ヨハネ10:24

戦争がいやなことの理由のひとつは、はっきりしろと迫られることです。お前は敵か味方かはっきりしろと云われます。けれど人はいろんな関係を生きる存在ですし、自分の中だけでさえ割り切れない多様な背景を抱えています。どちらかを選んだとたんに、それ以外の部分が切り捨てられてしまうのです。日曜日の礼拝堂(またはオンライン)でお待ちしています。

5/8「この日の礼拝」   復活節第4主日(白No.19)

■賛美唱 詩編23        ➜の行をご唱和下さい
主はわたしの羊飼い、
  ➜わたしには何も欠けることがない。
主はわたしを緑の野に休ませ、
  ➜憩いの水のほとりに伴(ともな)い、わたしの魂を生き返らせてくださる。
主はみ名にふさわしく、わたしを正しい道に導かれる。
  ➜死の陰の谷を行くときも わたしは災いを恐れない。
あなたがわたしと共にいてくださる。
  ➜あなたの鞭(むち)、あなたの杖(つえ)、それがわたしを力づける。
わたしを苦しめる者を前にしても、
  ➜あなたはわたしに食卓を整えてくださる。
わたしの頭に香油を注ぎ、
  ➜わたしの杯を溢(あふ)れさせてくださる。
命ある限り、恵みと慈しみはいつもわたしを追う。
  ➜主の家にわたしは帰り、いつまでも、そこにとどまる。

■悔い改め[式文] ■キリエ[式文] ■グロリア[式文]

■主日の祈り
平和の神様、あなたは羊の大(だい)牧(ぼく)者(しや)、私たちの主イエス・キリストを死者の中から引き上げられました。御心にかなう働きができるように、永遠の契約の血によって私たちをよき、わざをなす完全な者としてください。あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、御子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

■第2朗読 黙示録7: 9~17 (新460)
■福 音 書 ヨハネ10:22~30 (新187)

■讃美歌 105番1-3節(たぐいなきみ恵みよ)
1.たぐいなきみ 恵みよ、 主は生きていたもぅ。
  なにゆえにわが霊よ 悲しみに沈む。
  主は墓にいまさず よみがえりたもう。
  われ見たり、 み子イェスを みどりの木陰に。
  われ見たり、 み子イェスを みどりの木陰に。 
2.よろこびのおとずれを 伝うるは恵み、
  かぞうるにたらぬ身の 身にあまるさちぞ。
  よろこびのうたもて み恵みを伝えん。
  み使いもこの知らせ よろこびて伝う。
  み使いもこの知らせ よろこびて伝う。 
3.たぐいなきみ恵みよ 主は生きていたもぅ。
  なにゆえにわが霊よ 悲しみに沈む。
  死にしもののうちに 主イェスはいまさず、
  恵まれしこのよき日 生ける主にまみえん。
  恵まれしこのよき日 生ける主にまみえん。

■説教「はっきりしない」 小 泉  基

■洗礼式 ■信仰告白 ■献金 

■教会の祈り
✛羊飼いとしてわたしたちを導いてくださるイエスさま、わたしたちが迷いの中で道を踏み外すことのないよう、正しい道へとお導き下さい。
✛すべての洗礼を受けた人と、これから受けようとしている人の信仰を育て、いつもあなたのめぐみの中に留めて下さるように。
✛わたしたちが子どもたちに、人を憎むことではなく、人を愛することを伝えていくことが出来ますように。
✛ 病や苦しみ、孤独の中にある方々を覚え、わたしたちがともに支えあってあゆむことができるように。

■主の祈り[式文]

■讃美歌246番1.2.4節(したわしき主よ)
1.したわしき主よ みことば信じて み前にいでし かよわき羊を
  み国の世継ぎと 受け入れたまえや。  
2.水と霊もて あらたにしたまえ。今よりのちは み旨にしたがい
  み神の子として 生かしめたまえや。 
4.めぐみの神よ いましもみ前に 生まれ変わりし 羊の名前を
  いのちのみ書に 書きしるしたまえ。

■祝福

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。